32GBで800円!激安microSDカードを買ったのでテストした結果

32GBで800円、安すぎでしょ?

使えれば何でもよかったので激安品を購入。容量に詐称はないのか?規格通りの速度は出るのか?簡単にテストしました。

スポンサーリンク

テスト対象microSDカード

品名

ESSENCORE microSDHCメモリカード 32GB Class10 UHS-I U032GUC1U18-D

ヤフオクで送料込み800円。21%ヤフーマネーでバック。実質640円。

amazonにて650円(300円+送料350円)で購入可能。在庫は15枚、一枚いかがですか?

SanDiskの32GBは約1,500円。2倍近い値段ですが、信頼性を考慮すると決して高価格ではありません。値段に釣られて安物を掴みましたが、このような安物買いはご多分に漏れず後悔することになります。デジカメやドライブレコーダーには、多少無理してでも信頼できるものを選びましょう。

規格と詳細

  • microSDHC Class10 UHS-1
  • ハイニックス製チップ(ホンマかいな?)

テスト環境と内容、結果

テスト環境

  • OS Windows10
  • カードリーダー CRW-37M51 2011年発売の古い製品です。USB3.0対応で最も早く発売されました。発売当初の販売価格は3,000円~4,000円でした。

書き込みテストとベリファイ

  • 容量は30242MB。書き込みテスト、ベリファイ、共にエラーなし。正常終了しました。所要時間は約30分でした。
  • 容量に偽装はありません。なんだか残念(笑

ベンチマーク

  • シーケンシャルリードは90MB/sと文句なし。
  • ライトがシーケンシャル、ランダム、共に遅いようです。といっても、極端に大きいサイズのファイルを扱わないは限り気になりません。
  • リードについては、最近の有名どころなら1.5倍~2倍程度の数字が出ます。

まとめ

偽装なし、速度も出てます!

何か出てきたらヤフオクの出品者に「ゴルァ!」しようと思っていましたが、意外や意外、数字上は全く問題ありませんでした。それどころか優秀な部類です。恐ろしくて重要な用途には使えませんが・・・

値段からして偽装や詐称を疑いテストしたが、よく考えると有りえないでしょう。仮にインチキするなら、もっと有名で高価な製品に偽装すると思いませんか?こんな3流の製品に偽装しても金銭はたいして儲からず、くたびれ儲かるだけです。

あとは耐久性です。長期間使えるのか、数日でエラーを吐くようになるのか。変化が見られたら追記いたします。

コメント