ホームベーカリーの羽根が固着!僅か2,336円で修理完了!

羽根が固着して回りません!

我が家のホームベーカリー、カタログを見ると2008年発売のようです。使用頻度は1回/週程度でしたが、もう10年選手です。今まで故障もなくよく持ったほうでしょう。パン焼きに餅つきに、一年中大活躍してくれました。

点検開始

先日、妻から仕事(作業)の依頼がありました。「羽根が固くて回らないから直して!」だそうで。鬼軍曹から命令を受けた二等兵の如く、二つ返事で「イエッサー!」と返事、点検開始です。

とりあえずパンのカスを串で掃除しましたが、手では固くて回りません。これまでも隙間のカスを取り除きながら、ダマシダマシ使ってきたそうです。

軸受けの確認

掃除では未解決。仕方ないので分解して軸受けを点検します。

はじめに、プラスドライバーでネジを3本外します。外すと、パンケースから軸受けが分離します。

次に、軸の中心にある「Oリング」を外します。スナップリングプライヤーを使わなくても、マイナスドライバーで簡単に外れます。Oリングを外しハンマーで軸を軽く叩くと、軸は簡単にバラバラになりました。

非金属のベアリングが入っていたようですが、炭化してボロボロ、完全にアウトでした。

「でん吉」さんで部品発注

ホームベーカリーの型番「SD-BM152」と「軸受け」でグーグル先生に質問すると、簡単に部品は見つかりました。

「でん吉」さんで軸受けを注文して3日後、部品が届きました。ヤフーマネーがありましたので、ヤフーショッピングで注文しました。

送料が500円、佐川さんの荷物として届きました。

パナソニック(National、Panasonic)の純正部品です。品名は「主軸受け」「シュジクウケ」、品番は「ADA29A115」、対象は「SD-BM151」「SD-BM152」「SD-BMS151」と表記されています。「カン」は「完成品」でしょうか。

備考(ITEM NO)に「S01-20-Y1700」とあります。メーカーの供給単価が1700円(税抜き)と思われます。納品書の部品代は税込み1,836円、キッチリ一致します。正規の部品代+適正な送料、明朗会計のでん吉さん、上乗せ無しの価格で出していただき、ありがとうございます。

中には3,000円以上のショップもありますので注意してください。例えば、上から4番目のパワーストアさん、送料別で3,846円、東京までの送料は700円、合計4546円かかるようです。品番は同じでも価格は2倍以上、きっと違う部品なのでしょう。

部品の出どころは、パナのサポート部門でしょうか、Panasonic Corporation ビューティ・リビング事業部、滋賀県にあるようです。

部品交換に高いスキルは不要ですが、直で個人には売ってくれないんじゃないでしょうか。メーカーに部品の手配を相談すると、「部品は出せない、パンケースアッセン交換です」と言われるようです。Panasonicさん、そんな殺生な・・・素人修理によるトラブルやクレームを考えると、仕方ないような気もしますが。

届いたピカピカ(当たり前です)な軸受けです。防水パッキンとタッピングネジ、簡単な説明書も付属します。

軸受け交換

説明書のとおり、ネジ3本で交換できます。プラスドライバーを用意してください。

軸受けを外したパンケースです。中心のやや茶色い部分、パッキンが当たる面は簡単に掃除しました。異物が残っていると、水漏れの原因となりそうです。

届いた部品をネジ3本で固定。交換完了。適度なフリクションで羽根が回るようになりました。画像で説明すると長くなりますが、ゆっくり作業しても5分もかからないでしょう。

最終点検

水を入れてしばらく放置。水漏れなし、修理完了。

パナソニックさんは客が買い替えてくれないと儲かりませんが、これであと10年戦うことにします。修理代は2,336円(送料500円を含む)でした。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
Z80をフォローする
知らなきゃ損!知れば丸儲け!

コメント