東芝製冷蔵庫 ドアスプリング(シキリバン)破損の修理(修理代270円)

東芝製の冷蔵庫。冷蔵室ドアの仕切り板に取り付けてあるスプリングがポッキリ折れた。まともに開閉できないと妻から苦情。原因はドアの開閉による金属疲労のようだ。誰が見ても、力学的に少々設計が悪い。畑違いのエンジニアが設計したのだろう。

2005年製だから、もう10年以上使っている。型番は、GR-NF466。4人家族で必要十分な大きさと性能。自動製氷に感動した覚えがある。当時、14万円程度で購入した気がする。

キチンと冷えているし異音もない。最新の冷蔵庫に買い替えても、電気代もあまり変わらないようだ。ならばと修理を考えグーグル先生にに質問。

なになに、修理依頼だと高額な費用が掛かるが、自分で簡単に修理できるらしい。部品代は250円+税でたったの270円。早速ベスト電器に注文の電話。破損の状況や必要な部品は簡単に理解してもらえた。修理依頼でなく部品を欲しいと伝えると、適合しない、直らなかった、といった場合にも部品の返品はできないと説明を受ける。当たり前なので発注、3日(3営業日)後に入荷のお知らせが来たので取りに行った。ベスト電器さん、親切丁寧にありがとうございます。

部品についてネットで調べると、「部品単位では取り寄せてくれない、修理依頼でないと部品を出してくれない」と見かけたが、二つ返事で取り寄せてもらえた。東芝さん、巨額(数千億)の赤字でユーザーに寛容になっているのだろうか?

 

部品の品番は440-98-027。品名は「スプリング(シキリバン)、SPRING SEPARATION PLATE」とある。適合機種は、GR-W41FA、GR-W46FA、GR-W46FAC、GR-W46FAT。うちの冷蔵庫の品番はないので、これ以外にも適合機種は多いのではなかろうか。

部品交換はプラスドライバー1本で5分もかからず完了。普通に開閉できる冷蔵庫に妻は大喜び。ドライバーが使えれば、力も必要ないので女性でも修理できると思う。たったこれだけの作業に大金(万単位)を支払い出張修理を依頼するのはお金がもったいない。修理に不安がある方、部品を取り寄せたが修理方法がわからない方、その他お困りの方はコメントをいただきましたら、微力ながらお力添えいたします。遠慮なくお知らせください。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
Z80をフォローする
知らなきゃ損!知れば丸儲け!

コメント