Windows10の無償アップグレードによるクリーンインストールと認証手順

あれほど鬱陶しかったWindows10無償アップグレードの案内(強制、押しつけ)も、無償期間が終わりまったく来なくなると寂しいものである。ということで、Windows7からWindows10へアップグレードを決めた。(一度アップグレードしたが、気に入らなくて7へダウングレードしていた去年の春。Microsoftのツンデレにやられたなw)

通常のアップグレードでは前OSの問題やゴミを引き継ぐことになるため、色々面倒ではあるがクリーンインストールが望ましい。以下、無償アップグレードのDVD(Microsoftよりisoをダウンロード可能)によるクリーンインストール手順。驚くほどに簡単である。

 

前OS(Windows7sp1など)での準備

MicrosoftよりWindows10インストール用isoイメージをダウンロード、DVD-Rにてインストールディスクを作成する。

作成したWindows10のDVDから「gatherosstate.exe」をデスクトップにコピー、実行。数秒後、デスクトップに「GenuineTicket.xml」というファイルが作成される。このファイルをリムーバブルメディア(USBメモリでも何でもOK)にコピーしておく。隠しファイルも表示しないと見えない。

 

インストール本番

作成したDVDにて、Windows10をインストール。途中プロダクトキーの入力を求められるが、スキップしてインストールを進めてよい。初回のインストール完了時点では、当然だが認証はされてない。

インストール後、

C:/ProgramData/Microsoft

/Windows/ClipSVC/GenuineTicket

へ、前OSで作成した「GenuineTicket.xml」をコピーする。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動、「slmgr.vbs -ato」と打鍵しENTER。

 

「製品は正常にライセンス認証されました」と表示され、無事認証完了。

次回以降の再インストールに於いては、上記手順は不要である。プロダクトキー不明でインストールするだけで自動的に認証される。メモリ増設、光学ドライブ変更、ハードディスク変更(クローンディスク)、ハードディスク増設、全て認証に問題は無い。経験則から、マザーボードを変更しない限りは問題なく認証されると判断している。

 

Microsoftは太っ腹で、海賊版のOSからも無償アップグレードを実施していた。アップグレード前が正規OSだろうが海賊版だろうが、windows10へアップグレードを済ませれば正規OSとして使用できる。ここまで書いておいて何だが、Microsoftの善意を悪用してはならない。Microsoftさん、割れ坊を甘やかしちゃいかんでしょ。

スポンサーリンク
パソコン
スポンサーリンク
Z80をフォローする
知らなきゃ損!知れば丸儲け!

コメント